夏が来る

今や夏レジャーのひとつに位置づけされるようになった夏フェス。

日本では大小さまざまなフェスが夏に限らず、全国各地で開催されています。

 

真面目な話が続いたので今回は趣向を変えて、

本格的な夏フェスシーズンを前に、

4大フェスと言われている夏フェスを紹介していきます。

 

 

FUJI ROCK FESTIVAL

7月28、29、30日@新潟県湯沢町苗場スキー場

http://www.fujirockfestival.com/

 

日本の夏フェスのはしり、と言えるフジロック

3日間にわたり、国内外のアーティストが多数出演。

苗場山のふもとで行われているのでロケーションも抜群で、

キッズスペースもあるため、親子連れで参加する人たちも多数見られます。

 

※初めて行く方へ※

会場の一部では、山道を歩くような場所もあるので足元は要注意。

また、山あいで天候が変わりやすいので、雨具はマストです(傘厳禁)。

 

※個人的オススメ※

会場付近で宿泊しない人は、車で行くことをオススメします。

越後湯沢まで新幹線で行き、シャトルバスで会場まで行くことも可能ですが

シャトルバスに乗るまでに2時間以上待つことも。

疲れた身体で2時間待つのはかなりシンドイです。

 

駐車場も限りはありますが、会場近くのペンションや民家が駐車スペースを

貸出しているので、お昼くらいに到着しても車を停めることが可能。

(停められない場合もあるのでご注意を!)

 

 

SUMMER SONIC 2017〉

東京 8月19、20日@ZOZOマリンスタジアム幕張メッセ

大阪 8月19、20日@舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド

http://www.summersonic.com/2017/

 

都市型フェスとして、東京と大阪で開催されるサマーソニック

フジロックと同じく、国内外のアーティストが出演します。

どちらの会場も街の中心部からアクセスが抜群。

屋内ステージもあるので、日差しを気にせず楽しむこともできます。

 

※初めて行く方へ※

会場内の動線がほとんど舗装されている道のため楽チン。

ガチガチのトレッキングな格好をしていかなくても楽しめます。

フジロックよりもアクセスが良く、過ごしやすいため

ジャンルを気にせず、海外アーティストが出るフェスを一度体験してみたい、

という人は、まずサマーソニックから入るのがいいかも。

 

※個人的オススメ※

私は東京会場しか行ったことがありませんが、

屋外と屋内のステージがあるため、日差しや雨からの逃げ場があり、

防寒着や雨具など、あまり大げさに装備を揃えていかなくても大丈夫。

(外のステージはもちろん濡れるので、あくまで自己判断です)

 

ただ、ほとんどがコンクリートの中で行われているため

照り返しがすごかったり、ロケーションはイマイチ。

 

 

〈rockin'on presents ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017〉

8月5、6、11、12日@国営ひたち海浜公園

http://rijfes.jp/

 

邦楽フェスとしてはいちばんの動員数を誇るロックインジャパン

2週間合計4日間にわたり、新人からベテランまで多くが出演。

4つのフェスの中でいちばんホスピタリティが充実しているので

なんでもいいからフェスへ行ってみたい!という人にオススメ。

 

※初めて行く方へ※

トイレやフードエリアがかなり充実しています。

ただ、日差しを避ける場所が少ないため熱中症などにご注意を。

(これは他のフェスも同じですが)

 

※個人的オススメ※

全国各地からツアーバスが出ているため、そちらの利用がオススメ。

会場内もそこまで広い敷地ではないので、

いろいろなアーティストを楽しむことができます。

 

 

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO〉

8月11、12日@石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ

http://rsr.wess.co.jp/2017/

 

こちらも国内アーティストが出演するライジングサン。

北海道の広大な土地で2日にわたり開催され、

その名のとおり、2日目は太陽が昇るまでライヴが続きます

会場にいるみんなで朝日が昇る瞬間を見るのは格別。

 

※初めて行く方へ※

キャンプサイトの利用がオススメ。

夜、メインのステージが終了してからも、

小さなステージでさまざまな催しがあります。

ぜひ会場でキャンプして、非日常を味わってみてください。

 

※個人的オススメ※

飛び入りでのセッションが多いのがライジングサンの特徴。

その場でしか見られない特別なコラボを楽しんでください。

2日目は朝日が昇り、最終アクトの演奏が終了してからも

お昼くらいまでは会場に留まることが可能。

ゆっくり休んで、片付けを済ませてから帰ることができるのも◎。

 

 

と、ざっくり説明してきましたが、

初めての人にオススメなのが〈サマーソニック〉〈ロックインジャパン

(アクセスの良さ、ホスピタリティの充実 など)

家族で行くのにオススメなのが〈フジロック〉〈ライジングサン〉

大自然の中での開催、キッズスペース完備 など)

 

おしゃれをしたり、1つでも多くのアーティストを観たり

友達とその環境を楽しんだり、フェス飯を堪能したり……

それぞれの楽しみ方で夏フェスを満喫してください。

 

また、フェスで気になったアーティストがいたら

HPを観たり、ワンマンライヴへぜひ足を運んでくださいね。

(アーティストにとって中心はあくまで自身のワンマンライヴなので)

 

では、すてきな夏の思い出を。

 

音楽で逢えたら

こんばんは。

今日は我々が目指しているサービスのひとつについて書いていきたいと思います。

 

---------------------------------------------------------------

楽器をはじめたい。

バンドを組みたい。

 

音楽好きであれば一度は考えたこともあるのではないでしょうか。

高校時代、バンドにハマっていた自分も淡い妄想を描いていました。

 

でも、どうやってはじめればいいのか。

メンバーはどうやって集めたらいいのか。

 

周りに音楽好きの友達がいれば、軽音楽部があればまだいいが、

その環境すらない人はいったいどうすればいいのか。

 

運よく「これだ!」というメンバーが集まり、活動を開始できても

嗜好や学業や仕事の都合などでうまくいかない場合も少なくないはず。

 

大好きな音楽を、バンドをやる。

できることなら好きなジャンルや思考が似ている人、

同じような志を持つ人とやりたいと思いますよね。

 

一般的なメンバー募集の方法としては

・友達や知り合いづてに紹介してもらう

TwitterやFBなどのSNSを活用する

・バンドメンバー募集サイトを利用する

・スタジオに張り紙をする

といったところ。

 

では、知り合いが少ない人はどうすればいいのか。

募集サイトで出会える確率はどれくらいなのか。

ましてや、音楽に特化しているわけではないSNSではいったい。

 

既存の募集サイトをいくつか見ると、ひと昔前の掲示板のように

匿名性が強く、文字と簡易な情報が一方通行で流れているものばかりで、

ページを2つめくったところで諦めたくなるようなサイトもある。

その整理整頓されていない膨大な情報量の中から

自分が理想とするメンバーを見つけるのはおそらく至難の業。

 

そもそも、ネット上で知り合った人といきなり会うのは危険ではないのか。

(女性や中高生などの若者の場合は特に)

 

個人情報を管理しつつ、相手はどんな人で何が好きなのか、

詳細なジャンルや好みを検索できる整理整頓されたシステム。

これを徹底することで、もっと効率よく、かつ安全に

まるで友達とバンドをはじめるような衝動や感覚で

自分が理想とするメンバーと出会いバンドをはじめることができるはず。

 

これが、我々が目指しているサービスのひとつです。

憧れや夢をかなえるための大事な第一歩。

その手伝いができたらと考えています。

 

思いに賛同していただける方、新しいことをはじめたい方、

少しでも面白いと感じてくれた方……コメントやメールなどお待ちしております。

 

メールはこちら andoando.0201@gmail.com

ツイッターアカウント https://twitter.com/andoando0201

 

あの素晴らしい音楽をもう一度

はじめまして。

私たちは音楽のスペシャライズドサイトの開設を目指しています。

 

私たちが思い描いているのは、ただのWEBメディアではありません。

音楽に携わるたくさんの人が集まり、必要としてるものを提供/受容し、

その中で新しい物事が正しく生まれていくような、そんなサイトです。

 

最近の音楽シーンを見渡すと、

生活スタイルや技術(ネットワーク)の進化とともに、

音楽の楽しみ方もさまざまなカタチに変化しています。

SNSの登場によりアーティストとの距離はより近くなり、

スマートフォンの普及により音楽はより身近なものになりました。

 

聴きたいときに音楽が聴けて、欲しい情報がすぐ手に入る。

今まで以上に音楽はすごく自由になっています。

 

でもその半面、

ものすごく不自由でつまらないものになってしまっている印象もあります。

古典的なスタイルやシステムにとらわれていたり、

似たような音楽ばかりに踊らされてそれもすぐに流されていったり、

夢や才能ある若者が出てきにくかったり

(これはミュージシャンに限らず、カメラマンやデザイナーしかり)。

 

音楽は夢のあるカルチャーです。

音楽は愛のあるカルチャーです。

 

日本の音楽シーン、音楽カルチャーはもっともっと面白くなると思っています。

プレイヤーやリスナーだけではなく、

レコード会社やマネジメント事務所、カメラマン、デザイナー、ライター……など、

音楽を愛する人たちが行き交う場所を作り、

そのカルチャーをより大きなものにできたらと思っています。

 

このブログはその出発地点です。

私たち、とはじめにいいましたが、まだチームはたったの2人です。

一緒に音楽のスペシャライズドサイト設立を目指してくれる方を募集しています。

 

思いに賛同していただける方、新しいことをはじめたい方、

少しでも面白いと感じてくれた方……コメントやメールなどお待ちしております。

 

メールはこちら andoando.0201@gmail.com

ツイッターアカウント https://twitter.com/andoando0201

 

一緒に日本の音楽カルチャーを盛り上げていきましょう!